時代は幕末、攘夷志士に家族を殺された少女が、男と偽り新撰組に入隊する話から始まります。この主人公のセイちゃんの奮闘ぶりについつい応援したくなります。弱い自分を懸命に奮い立たせて、懸命に剣に打ち込み、できることを精いっぱいがんばっていく姿がとてもかっこいいです。けれども、武士の戦いは命がけであり、「鬼」と称される彼らの生き方が、時に疑問や迷いが生じるのも確かで、女の身であるセイにはわからない部分があったりと葛藤があったりもします。歴史上に実在した新撰組の登場人物はもちろんのこと、歴史的に有名な人々も出てきます。その登場人物たちがとても個性的でおもしろいです。すでに遠い過去の人たちで、どういった人物なのか正確にはわかりませんが、作者は史実に忠実に書いているので、こんな人だったのかもしれないなと想像できたりします。時代は激動の道を進んでいき、彼女もまた命がけで戦っていきます。主人公の存在はフィクションですが、歴史を知る上で楽しめて、学べる本だと思います。>>>>>無視せざるを得ぬ町